PR
写真1●サンワサプライのiPad向けのメモリーカードリーダー「iPad・iPad2用4in1カードリーダー 400-ADRIP001」
写真1●サンワサプライのiPad向けのメモリーカードリーダー「iPad・iPad2用4in1カードリーダー 400-ADRIP001」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●iPad2/iPad本体下部にあるDockコネクタに接続して使う
写真2●iPad2/iPad本体下部にあるDockコネクタに接続して使う
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●USBケーブルでデジカメと接続することで撮影した写真をすぐに大画面で確認できる
写真3●USBケーブルでデジカメと接続することで撮影した写真をすぐに大画面で確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●USBキーボードを接続してキー入力することも可能となっている
写真4●USBキーボードを接続してキー入力することも可能となっている
[画像のクリックで拡大表示]

 サンワサプライは2011年5月11日、iPad2やiPad向けのメモリーカードリーダー「iPad・iPad2用4in1カードリーダー 400-ADRIP001」(写真1)を発売した。iPad2/iPadはメモリーカード用スロットやUSBポートを備えていないが、同アダプタをDockコネクタに接続して使うことで(写真2)、メモリーカード内のデジカメ画像などを直接読み出すことが可能になる。

 価格は3480円で、同社ネット直販サイト「サンワダイレクト」(本店、楽天市場店、Yahoo! ショッピング店、Amazon マーケットプレイス店)のみで限定販売する。

 本体には、(1)SDカードスロット、(2)microSDカードスロット、(3)USB Aコネクタ、(4)Micro-USBコネクタ――の合計四つのスロット/コネクタを搭載。パソコンを経由せずにSD/microSDカードのデータを直接読み出したり、USBケーブルでデジカメと接続して撮影した写真を直接iPadで閲覧したりできる(写真3)。USBポートには、市販のUSBキーボードを接続してキー入力に使うことも可能だ(写真4)。

 付属するMicro-USBケーブルを使うことで、パソコンとの同期接続や純正のACアダプタを介した充電にも対応する。本体上部のボタンを押すことで「カードリーダーモード」と「同期・充電モード」を切り替えられるようになっている。

 なお、メモリーカードからiPadに転送できるファイルは、「JPEG形式の画像とMPEG4形式の動画のみ」となっている点には注意が必要だ。パソコン用の一般的なカードリーダーのように、任意のファイルをメモリーカードに対して読み書きできるわけではない。また、USBポートにUSBメモリーを接続して使うこともできない。

 本体サイズは55mm(幅)×12mm(奥行き)×38mm(高さ)で重量は14g。iOS4.3に対応する。消費電流は、iPad充電時で1000m~1500mA、スタンバイ時で6mAとなっている。