PR
「Android@Home」のコンセプトを示す図
「Android@Home」のコンセプトを示す図
[画像のクリックで拡大表示]
タブレット端末の画面に表示された照明のスイッチ
タブレット端末の画面に表示された照明のスイッチ
[画像のクリックで拡大表示]
NFCを組み込んだCDジャケットを使って音楽を簡単に登録
NFCを組み込んだCDジャケットを使って音楽を簡単に登録
[画像のクリックで拡大表示]

 米Google社は2011年5月10日、米国サンフランシスコで開催している開発者向け会議「Google I/O」の基調講演で、家庭内の機器をAndroidで統一的に制御するコンセプトである「Android@Home」を発表した。

 講演では、米Lighting Science Group社のLED電球を用いた照明をAndroid搭載タブレット端末で操作する実演が行われた。タブレット端末の画面に表示されたボタンで照明をオン/オフするだけでなく、タブレット端末でプレイするゲームに合わせて照明を明滅させて見せた。また、近距離無線の「NFC」を組み込んだCDジャケットで簡単に音楽を登録する実演も行われた。球形の端末に対し、CDジャケットを最初に近づけたときにそのCDが登録され、2回目にCDジャケットを近づけたときにはそのCDに収録されている楽曲がストリーミングで即座に再生された。

 家庭内の機器を統一した仕組みで制御しようとする試みは、これまでに多くの企業が挑戦したが、いずれも普及には至らなかった。情報機器への普及で波に乗るAndroidが果たしてこの壁を破ることができるのか、興味深い。


■この記事について他の読者と意見を交換する
  トピック「Google I/O 2011開幕
  コミュニティサイト「Android Developer Lounge」トップ