PR

 日本IBMは2011年5月11日、共同利用型の勘定系システム「Chance」を利用する地方銀行向けに、プライベートクラウド基盤「Chanceクラウド」を構築すると発表した。Chanceクラウド上で各行のシステムを動かし、ハードウエアやソフトウエアを共用させる。これにより、各行のコスト削減を支援する。2011年8月に提供を始める予定だ。

 Chanceは、日本IBMと三菱東京UFJ銀行などが開発した勘定系システムで、常陽銀行、百十四銀行、十六銀行、南都銀行、山口フィナンシャルグループが利用する。

 Chanceクラウド上で動かすアプリケーションの第一弾は、紙の手形の機能を電子的に実現する「電子債権記録(電子手形)」の機能だ。電子手形用アプリケーションは、三菱東京UFJ銀が昨年開発したものを基に構築する。

 日本IBMは今後、インターネットバンキングや電子帳票管理のシステムなども、Chanceクラウド上で提供する計画だ。