PR

 米アドビシステムズは2011年5月12日、「Flash Player」の最新版「Flash Player 10.3(10.3.181.14)」を公開した。新版では、いわゆる「Flashクッキー(Flash Cookie)」を、WebブラウザーやOSの設定画面から管理できるようにした。悪用が確認されている脆弱性も修正された。

 Flash Player 10.3の対応OSは、Windows/Mac OS X/Linux/Android。セキュリティやプライバシー保護、安定性、音声動画機能などを強化したという。

 プライバシー保護関連では、WebブラウザーやOSの設定画面から、Flashクッキーを管理および削除できるようにした。ここでのFlashクッキーとは、Webサイトがユーザーを識別するために使用するデータのこと。「ローカル共有オブジェクト」と呼ばれる。

 Webサイトは、アクセスしたユーザーのFlash Playerに対してFlashクッキーを送信。Flash Playerはそのデータを保存し、そのWebサイトにアクセスした場合のみ、同サイトに送信する。このデータを使えば、ユーザーを識別したり、サイト内での行動を追跡したりできる。

 「Cookie(クッキー)」と同様だが、CookieはWebブラウザーが管理するのに対して、FlashクッキーはFlash Playerが管理する。WebブラウザーでCookieを拒否したり削除したりしても、Flashクッキーは有効なままなので、プライバシーの問題があると専門家などから指摘されていた。

 従来版でも、同社Webサイトの「Flash Player設定マネージャー」にアクセスして「Webサイトの記憶領域設定パネル」を開けば、Flashクッキーの拒否(制限)や削除が可能だ(図1)。しかしながらが、周知されているとは言い難い。ユーザーの多くは知らないだろう。

[画像のクリックで拡大表示]