PR

 KDDIは2011年5月17日、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」を2011年6月末以降に開始すると発表した。このサービスは同社のスマートフォン利用者向けで、「ISフラット」もしくは「プランF (IS) シンプル/プランF (IS)」を契約していれば無料で利用できる。当初は1万局の公衆無線LANスポットが利用でき、2012年3月末に10万局の公衆無線LANスポットを設置する予定である。

 設置予定の10万局のうち、9万局は自社で設置する。例えば、UQコミュニケーションズのUQ WiMAXの電波を公衆無線LANの電波に変換する装置を設置して公衆無線LANスポットとするなど、有線ネットワークを開通させるなどの手間を省いていくという。ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する「Wi-Fiスクエア」やUQコミュニケーションズの「UQ Wi-Fi」の公衆無線LANスポットも利用できる。

 併せて、「au Wi-Fi接続ツール」というアプリケーションを提供する。これは公衆無線LANサービス利用時にIDやパスワードを自動入力するほか、電波の強度に応じて公衆無線LANと3G回線の通信を自動で切り替える機能を備えているもの。2011年6月以降に発売するKDDIのスマートフォンに標準搭載するほか(「Xperia acro IS11S」を除く)、「au one Market」および「Android Market」からもダウンロードできるようにする。

[発表資料へ]