PR

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は2011年5月19日、企業のプライベートクラウド導入を支援するサービス、「HP CloudStart」を開始すると発表した。

 CloudStartの特徴は、クラウド型システムインフラの構築に必要な製品とサービスをパッケージ化したこと。基盤として使うのは、ブレードサーバーやストレージ、運用管理ソフトなどをセットにしたシステム製品「HP BladeSystem Matrix」。導入作業の際には、HP側が持つテンプレートを活用する。これはMatrixを使ったクラウド型システムインフラの典型的な設計パターンや構築手順をまとめたものである。

 これらの工夫によって、「ユーザーは短期間のうちにプライベートクラウドのインフラを構築できる」(日本HPの榎本司テクノロジーコンサルティング統括本部テクノロジーソリューション本部インフラストラクチャソリューション部部長)。稼働までの期間の目安は、ハードウエアの到着後約30日としている。

 日本HPはCloudStartの提供に先立ち、クラウド事業本部を設立している。この事業本部を中心に、クラウド関連ビジネスの拡大を進めていく。日本HPの有安健二 執行役員 テクノロジーコンサルティング統括本部長は、「当初予想していた以上に、クラウドに対する顧客からのニーズは大きい」と語る。「震災でシステムのリスク管理に対する意識が高まっていることもあり、今後はシステムインフラをクラウド化する動きがさらに盛り上がってくるだろう。当社は体制を整え、こうしたユーザーのニーズに応えられるようにしていく」(有安本部長)。