PR
写真●「RICOH TAMAGO Presenter」の画面例
写真●「RICOH TAMAGO Presenter」の画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーは2011年5月19日、iPadで動作する資料共有アプリケーション「RICOH TAMAGO Presenter」を提供開始したと発表した(写真)。アップルが運営する「App Store」からダウンロードできる。価格および利用料金は無料。

 TAMAGO Presenterの特徴は、会議で使う書類を、複数台のiPadで共有できること。同期機能を備えており、会議の主催者がiPad上で書類のページをめくると、参加者が持つおのおののiPadでも、同じようにページがめくられる。各iPad間の同期には無線LANを使う。

 リコー製プロジェクターと無線LANを通じて連携する機能も持つ。プロジェクターを使ってiPad上の資料を投影できるほか、iPadからプロジェクターの電源のオン/オフが可能。対応機種は「IPSiO PJ X3240N」と「同 WX3230N」。

 書類を共有できる範囲は同一のブロードキャストドメイン内。同時に使うiPadの台数は10台以下を推奨している。閲覧できる書類のファイル形式はPDF。

 リコーはこのアプリを開発するにあたり、役員向け説明会など「その場では手元で資料を閲覧できるようにしたいが、紙で手元に保存してもらう必要はない」という会議での利用を想定し、機能を絞って開発したという。今後、ユーザーの声をふまえて、機能や仕様の強化を進めていく意向。