PR

 米Microsoftは米国時間2011年5月19日、同社の画像照合技術「PhotoDNA」を米Facebookが児童ポルノ対策のために導入すると発表した。Facebookは、SNSサイト「Facebook」の画像共有サービスにおいて、児童ポルノ画像の検出に同技術を利用する。

 PhotoDNAは、Microsoft研究部門が米ダートマス大学と共同で開発した画像照合技術で、行方不明児や児童虐待の問題に取り組む非営利団National Center for Missing and Exploited Children(NCMEC)に2009年に寄贈された。

 Microsoftは、自社の検索サービス「Bing」やストレージサービス「Windows Live SkyDrive」にPhotoDNAを実装し、NCMECと協力してテストしていたが、納得のいく効果が得られたため、同技術に関心を示している他の企業にも参加してもらうことを決めたという。Facebookは、MicrosoftとNCMECが共同で実施するPhotoDNAプログラムにおける最初の参加企業となる。

 PhotoDNAプログラムでは、NCMECがこれまで調査分析した膨大な画像データをもとに生成したPhotoDNAシグネチャをプログラム参加企業に配布する。参加企業は、PhotoDNAシグネチャを用いて、自社サービス上でやりとりされる画像から児童ポルノ画像を特定し、即座に削除することができる。PhotoDNAはオンラインサービスプロバイダーに無償で提供される。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]