PR
画面●Firefox for Androidベータ版
画面●Firefox for Androidベータ版
[画像のクリックで拡大表示]

 米Mozillaは米国時間2011年5月20日、次期Webブラウザー「Firefox 5」がベータ版の段階へ移行したことを明らかにした。ベータ版は同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。現時点の対応言語は英語のみ。

 Mozillaは、Firefoxのリリースをより頻繁に行うため、先月新たな開発チャネル「Aurora」を導入した。ナイトリービルドとベータの間に位置するAuroraは、上級ユーザー向けに次期Firefoxの新機能や性能を早期披露するもので、ベータ版や最終リリース版より安定性が劣るためテスト以外の使用は推奨しない。

 このたび5週間にわたるAuroraテストが終わり、ベータ版の公開を開始した。ベータ版には性能強化と安定性向上に加え、CSSアニメーションのサポートが含まれる。また、Aurora、ベータ、リリースの各チャネルを切り替えるための新機能「チャネルスイッチャー」を備える。

 なお、Firefox 5は6月21日の週に最終リリース版を公開することを目指して作業を進めている。

 また同社は、Android搭載端末向けFirefox 5のベータ版も公開した(画面)。Android向けアプリケーション配信/販売サービス「Android Market」から無償で入手可能。モバイルブラウザーでは初めて、行動履歴追跡を拒否する機能「Do Not Track」を組み込んだ。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]