PR
写真●Sweety SoftBank 003P。左から「タッチスピードセレクター」、「フィットキー」、背面
写真●Sweety SoftBank 003P。左から「タッチスピードセレクター」、「フィットキー」、背面
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは2011年5月23日、パナソニックモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Sweety SoftBank 003P」を発表した。2011年7月下旬以降に発売する。

 特徴は、右利き・左利きといった利き手にあわせて操作できる「タッチスピードセレクター」や、キーのサイズや位置を変更してユーザーの手にあったキーパッドを作成できる「フィットキー」を備えていること。これらにより、片手でも簡単に操作できるとしている。

 画面は4.3インチ液晶で、Android 2.3を搭載。ワンセグ、赤外線にも対応している。サイズは67×128×14mmで、重さは約139g。カメラは約510万画素。本体の色はブリリアントピンク、ホワイト、ブラックの3種類。