PR

 米Squareは米国時間2011年5月23日、米Appleのタブレット端末「iPad」にPOS端末やレジ機能を持たせるアプリケーション「Square Register」を発表した。また、Square Registerに対応した消費者向けモバイルアプリケーション「Card Case」もあわせて発表した。

 Square Registerにより、販売店や飲食店などはiPadを使って、商品管理、毎日の売上確認、価格設定、自動決済、電子領収書の発行、特典情報配信などが行える。一方、消費者はスマートフォンから近辺のSquare Register導入店を探したり、メニューや特典情報をチェックしたり、電子領収書を確認および保存したりできる。Card Caseアプリケーションの「Tabs」メニューを立ち上げて、Square Register側で保存済みのプロフィールや写真を確認してもらうことで、商品購入の決済を実行できる。

 Squareは、モバイル端末をクレジットカード決済端末として活用するサービスを展開している。モバイル端末のイヤフォンジャックに小型カードリーダーを装着し、クレジットカードによる決済を行えるというもの。今回発表したSquare RegisterとCard Caseの組み合わせにより、クレジットカードを読み取る必要なく決済手続きを完了できる。Card Caseは、Appleのスマートフォン「iPhone」向けと米GoogleのモバイルOS「Android」対応版を用意する。

 なお、Card Case機能をサポートするSquareサービス加入店舗は、現在ロサンジェルス、ニューヨーク、セントルイス、サンフランシスコ、ワシントンDCの50店舗ほどだという。

[発表資料へ]