PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Yahoo!は米国時間2011年5月24日、Webメールサービス「Yahoo! Mail」の最新版を正式公開すると発表した。ベータテストを終了し、数週間以内に全世界のユーザーに対して利用可能にする。26言語に対応し、世界43市場で提供する。

 最新版は、特にソーシャル機能の強化を図った。Yahoo! Mailを含む各種Webメールサービスや、SNSサイト「Facebook」、MLサービス「Yahoo! Groups」などからのメッセージに手軽に返信するためのリプライバーを追加した。受信箱で写真のスライドショーや動画を視聴できるほか、新たなアップデートバーからFacebookやミニブログサイト「Twitter」、ソーシャルゲーム「Zynga」の更新情報や通知を確認することが可能。

 また、インスタントメッセージ(IM)、ショートメッセージ(SMS)、電子メールを作成する際に、頻繁にやりとりする相手を優先的に連絡先リストで表示するようにした。Yahoo! MailからFacebookやIMサービス「Yahoo! Messenger」のユーザーとチャットすることもできる。

 さらに、オンラインの商品注文を追跡する「All My Purchases」、不要なニューズレター配信を削除する「Unsubscriber」、大容量ファイル送信に便利な「Attach Large Files」など、各種アプリケーションも提供する。

 性能面では、従来版と比べ2倍高速化したという。セキュリティ面では、スパム受信を60%削減するスパム対策およびアンチフィッシング技術を実装した。

[発表資料へ]