PR

 ウルシステムズとイーシー・ワン(EC-One)は2011年5月25日、10月3日付けで経営統合すると発表した。EC-Oneの主力事業であるシステムインテグレーション(SI)事業を、ウルシステムズに統合する。併せて、ウルシステムズの「Hadoop」関連部門をEC-Oneに移す。EC-OneはHadoop専業会社となり、社名を「ノーチラス・テクノロジーズ」に変更する。

 ウルシステムズは、オープンソースソフトウエア(OSS)の分散バッチ処理ソフトであるHadoopを使ったシステム構築を行っており、2011年3月には自社で開発した基幹バッチ用Hadoopフレームワーク「Asakusa Framework(Asakusa)」をOSSとして公開した。EC-Oneは、分散システム管理ソフト「Monkey Magic」のHadoop対応を進めている。

 Asakusaの開発チームとMonkey Magicの開発チームが、EC-Oneから社名変更したノーチラス・テクノロジーズに集結する。EC-Oneの最首英裕社長は、「分散システムに特化した、国内でもトップクラスの開発チームを作る」と述べている。

 現在のウルシステムズは、持株会社であるULSグループとなり、改めてULSグループの子会社としてウルシステムズを設立する。EC-Oneの売上高や従業員の9割は、SI事業が占める。ウルシステムズも売上高や従業員の9割を、ITコンサルティングなどHadoop以外の事業が占める。そのため、新生ウルシステムズの事業規模は、現在のウルシステムズとEC-Oneをほぼ統合した規模となる。従業員数は、新生ウルシステムズが234名、ノーチラス・テクノロジーズが16名である。

 ULSグループとウルシステムズの社長は、ウルシステムズの漆原茂社長が務める。ノーチラス・テクノロジーズの社長は、EC-Oneの最首社長が務める。

■変更履歴
当初、第一段落で社名を「ノーチラス・テクノロジー」としていましたが、正しくは「ノーチラス・テクノロジーズ」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2011/10/03 17:10]