PR
Google Walletの利用イメージ
Google Walletの利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間2011年5月26日、Android端末向けのモバイル決済アプリケーション「Google Wallet」を発表した。近距離無線通信(NFC)を利用し、Android端末を店頭の読み取り機に軽くタッチすることで支払い手続きを完了できる。現在ニューヨークとサンフランシスコでフィールドテストを実施しており、今夏に消費者へ提供開始する予定。

 Google Walletは、米MasterCardの決済システム「PayPass」の読み取り機に対応する。当初利用できる支払いカードは米Citiのクレジットカード「Citi MasterCard」およびGoogleの仮想プリペイドカード「Google Prepaid」。米First Dataの電子決済処理技術を用いる。

 セキュリティを考慮した仕組みとして、Google Walletを使うには専用のPIN(暗証番号)の入力が必要となる。また、カード情報は暗号化して端末のチップに格納される。

 Google Walletで支払いを行うユーザーには、「Google Offers」サービス(ベータ版)を通じて特典情報やポイントサービスを提供する。ユーザーはGoogle Wallet対応店舗から配信されたクーポンなどを店頭で読み取り機にかざすか、店員に提示することで特典を受けたり、ポイントを貯めたりできる。

 Google Walletは、まず米Sprint Nextelが提供するAndroidスマートフォン「Nexus S 4G」で利用可能になる予定。Googleは、Google Walletであらゆるクレジットカード、ギフトカード、クーポン、ポイントを集約することを目指すとして、銀行、通信キャリア、携帯電話メーカー、販売店に協力を呼びかけている。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]