PR
Amazon.comが開設したMac用ソフトのダウンロード販売サイト
Amazon.comが開設したMac用ソフトのダウンロード販売サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Amazon.comが米国時間2011年5月26日に、米Appleのパソコン「Macintosh(Mac)」向けソフトウエアのダウンロード販売ストアを立ち上げた、と複数の海外メディアが報じている。

 このオンラインストアの名称は「Mac Software Downloads」と「Mac Game Downloads」。Appleが今年1月に立ち上げた「Mac App Store」と同様に、購入したソフトウエアを一覧でき、無制限の再ダウンロードも可能。ただし、Appleのサービスのようにアップデートの通知や自動インストールといった機能はなく、インストールは添付されるプロダクトキーを使って手動で行う必要がある(関連記事:Appleが「Mac App Store」をオープン、有料/無料アプリが約1000本)。

 5月26日時点の品ぞろえは約250タイトルで、大半がビジネス向け。これに対し、Mac App Storeにはビジネスカテゴリーだけでも400を超えるタイトルがそろっている。半面、Amazonには米Microsoftの「Office for Mac 2011」のダウンロード版も用意されており、Appleとは異なる品ぞろえだ。

 Amazonは今年3月に米GoogleのモバイルOS「Android」向けアプリケーションのオンラインストア「Amazon Appstore for Android」を開設している。米Wall Street Journalによると、Appleは同月、AmazonがこのサービスでAppleの商標「App Store」を不正に使っているとして、使用停止と損害賠償を求めて米カリフォルニア州の連邦地裁に提訴した(関連記事:Amazon.com、Androidアプリのオンラインストアを開設、お試し機能付き)。

 米Computerworldは、Amazonが今回のサービス名に「Appstore」を使わず、正式発表なしでサービスを立ち上げたのは、この問題が背景にあったからではないかと伝えている。

[Mac Software Downloadsサイト]
[Mac Game Downloadsサイト]