PR
写真●ヤフーがユーザーによる投稿写真の公開を始めた「東日本大震災写真保存プロジェクト」
写真●ヤフーがユーザーによる投稿写真の公開を始めた「東日本大震災写真保存プロジェクト」
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーは2011年6月1日、同社のポータルサイトYahoo! JAPANにおいて、東日本大震災で失われる前の街並みや風景、震災直後の様子などを収めたユーザーからの投稿写真を閲覧できる「東日本大震災写真保存プロジェクト」を公開開始した(写真)。

 パソコンのWebブラウザーなどを使って同プロジェクトの特設Webページから閲覧できる。ヤフーでは、携帯電話やスマートフォン向けのモバイル版Webページも近日公開予定であるとしている(6月1日時点では、上記リンクはYahoo! JAPANの復興支援サイトへリダイレクトされる)。

 東日本大震災写真保存プロジェクトは、同社が4月8日に立ち上げたもので、4月20日から投稿の受け付けを開始していた(関連記事:被災前の風景や思い出の写真を永遠に、ヤフーが保存プロジェクトの受付開始)。6月1日11時現在では、被災エリアの写真を中心に1万1361枚の写真が公開されている。

 ヤフーによれば、ユーザーが投稿した写真の中には、場所などの情報に加えてコメントが添えられている写真も多数あったという。同社では、投稿された写真について、「今後、永年にわたって保管および公開していく」と表明している。