PR

 ジュピターテレコム(J:COM)と毎日放送(MBS)は2011年6月1日、2011年秋から共同でデジタルコミュニティチャンネル「J:COM チャンネル」(11ch)でラジオ放送の再送信サービスの実証実験を行うと発表した。

 今回の実証実験は、MBSのラジオ放送をJ:COMのケーブルネットワークを通じて再送信し、テレビでラジオ放送を提供するサービスの技術的検証を行う。データ放送の音声送信機能を使ってラジオ音声を再送信する。

 MBSは、家庭におけるラジオ受信機が減り、都市部では難聴取地域が広がっていることへの対策と位置づける。J:COMはラジオ再送信の実施でコミュニティチャンネルの利用を促進し、ケーブルテレビの付加価値向上を図る。

 実証実験は今年9月にスタート予定。実験エリアはJ:COM 大阪セントラル(大阪市内の9区:北区、中央区、都島区、城東区、東成区、鶴見区、旭区、東淀川区、淀川区)で、専用端末が設置されているデジタルサービスの加入者約12万世帯を対象に実施する。リモコンの「d」ボタンを押すとデータ放送画面に遷移し、MBSラジオのアイコンを表示する。リモコン操作でそのアイコンをクリックすると、メイン画面にMBSラジオのロゴが表示され、ラジオ音声が流れる。

[発表資料へ]