PR

 ユニアデックスは2011年6月2日、プライベートクラウドの導入支援サービス「U-Cloud クラウド環境構築サービス」を、6月20日に開始すると発表した。小規模なプライベートクラウド環境から始めたい企業に向けて提供する。システムの最小構成は管理用サーバーが1台で物理サーバーが5台である。

 U-Cloudクラウド環境構築サービスでは、米ベンチャー企業のクラウド・ドット・コムが開発したクラウド基盤ソフト「CloudStack Enterprise Edition」を利用する。CloudStack Enterprise Editionは、仮想マシンやストレージ、ネットワークなどの統合管理、仮想化ソフトの制御などの機能をパッケージ化したもの。Webベースのグラフィカルな運用管理ツールを備えるのが特徴である。仮想化ソフトには、ヴイエムウェアの「VMware vSphere」やシトリックス・システムズの「Citrix XenServer」、Linuxに組み込まれている「KVM」を利用できる。

 このCloudStackに、ユニアデックスがマルチベンダーのシステム構築やサポートなどを組み合わせて提供する。サービス料金は約500万円から。同料金にはCloudStack Enterprise Editionのソフトウエアライセンスと、ユニアデックスによるアセスメントやSI、教育、初年度のサポートなどが含まれる。