PR

 NECは2011年6月2日、ケーブルテレビ品川(運営は南東京ケーブルテレビ)と共同で、ケーブルテレビにおけるクラウドコミュニケーター「LifeTouch」の受容性や活用について2011年2月から3月までに実施した実証実験の結果をまとめたと発表した。

 LifeTouchはAndroidを搭載したNEC製のタブレット端末である。ケーブルテレビ市場へのLifeTouchの展開を図るとともに、家庭内でのLifeTouchの活用提案を強化していくという。

 実験は、ケーブルテレビ品川の視聴者40人を対象に実施、調査はアンケートおよび訪問インタビューで実施した。LifeTouchを1世帯に1台貸し出し、端末基本仕様(重量・サイズなど)、操作性、デザイン性、利用頻度、受容性などに関する評価を実施した。

 サービス内容の評価に関連しては、「お買い物」「かんたんリモコン」「かんたんメール」「見守りサービス」「フォトフレーム」「汎用Webサービス」などのアプリ・サービスを搭載し、操作感などの評価に加えて強化点についての要望を取得した。

 LifeTouchのコンセプトやケーブルテレビのユーザー向けサービス内容については、7割近いモニターから好評価を得たという。今後はモニターから指摘のあった操作性などの改善点やサービスの強化要望を取り入れ、ケーブルテレビ事業者など様々な企業と連携を行っていく方針。

[発表資料へ]