PR

大日本印刷(DNP)と城北宣広は共同で、家庭内のAndroid搭載情報端末向けにプッシュ型で電子チラシや広告などを配信するサービス「チラシ直送便PLUS」を開発し、2011年6月30日から実証実験を実施する。この実証実験は、ケイ・オプティコムが6月末から試験サービスとして実施する「eoスマートリンク」上で実施する。eoスマートリンクは、モニター向けに配布するAndroid搭載の専用タブレット端末に身近な生活情報などを配信する宅内情報サービス事業である。

 チラシ直送便PLUS は、新聞折込チラシを電子化し、毎朝、各家庭の専用タブレット端末に配信するサービスである。eoスマートリンクの中のチラシ直送便PLUSのページで郵便番号を登録するだけで、周辺店舗の電子チラシが毎朝配信される。生活者は、見たいチラシをタッチパネルの簡単な操作で選択・閲覧することができる。

 配信されるチラシは、「新着チラシ」「今週のチラシ」「お気に入りチラシ」として表示する。「新着チラシ」は、その日に届いたチラシとその件数を表示する。「今週のチラシ」は、前日から過去7日分を一括表示する。「お気に入りチラシ」は、過去7日分までのお気に入りチラシを一括表示できる。

 表示方法は、チラシを一覧表示するほか、選択したチラシを拡大表示できる。また表示中のチラシを「お気に入りチラシ」に登録できる。

 DNPは電子チラシを配信・閲覧するためのシステム開発と運営を担当し、城北宣広は一次広告代理店として電子チラシ広告の販促などの営業を担当する。

 新聞購読率の低下や家庭へのタブレット端末の普及が見込まれる中で、さまざまな販促情報を商圏顧客に効果的に配信できる新たな広告配信モデルと位置づける。今後、今回の実証実験を通じて生活者と広告主のエリア販促情報へのニーズを検証し、2012年度の事業化を目指す。また、スマートフォンやタブレット端末など多様な情報端末の普及にあわせてサービスの提供エリアを拡大し、カバー率1位のエリア販促媒体を目指す。

[発表資料へ]