PR

 NECは2011年6月3日、インターネットおよび携帯電話網や無線LANなどのネットワークにおいて、時間と共に変化するスループット(実効通信速度)の特性を、既知の物理法則を利用して解析する技術を開発したと発表した。同社では、80パーセントの精度でスループットを推定できるとしている。

 同社による研究の結果、通信スループットが時間の経過に伴って変化する特性は「ゴムチューブなどの粘弾性体に力を加えたときに変形する特性と似ている」ことを解明したという。粘弾性体とは、粘性(ねばりの性質)と弾性(バネの性質)を合わせ持った物体である。

 この研究結果に基づくと、ネットワークでの計測データを基に粘弾性体の変形量算出に利用する方程式のパラメータを決定し、方程式の解を求めることで通信スループットを推定できることになる。実際に同社で実験してみたところ、80パーセントの精度で推定できることを実証できたとしている。

 同社では、今後も同技術の研究開発を進めるとともに、同技術を実装した製品の開発にも積極的に取り組む予定だという。なお、研究成果については、6月5日から京都で開催される国際学会「IEEE International Conference on Communications ICC 2011」の場で発表するとしている。