PR

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2011年6月3日、米国のソフトウエア開発会社であるAbiquoと販売代理店契約を結び、クラウド基盤ソフト「Abiquo Enterprise Edition」の国内販売を開始すると発表した。

 Abiquo Enterprise Editionは、さまざまな種類の仮想化製品で構成されるクラウド環境を、一元的に管理するためのソフト。コンピュータ資源を必要に応じてアプリケーションやユーザーに割り当てるプロビジョニング機能、仮想化を実現するハイパーバイザーの制御機能などを備える。こうした機能を、WebベースのGUIで操作できる。ハイパーバイザーはCitrix Xen Server、KVM、Microsoft Hyper-V、Oracle VM Virtual Box、VMware ESXi、Xenの6種類をサポートする。

 CTCは同ソフトを、パブリッククラウド(インターネット経由で利用するクラウドサービス)の提供事業者や、プライベートクラウド(企業内に構築したクラウド環境)を構築するユーザー企業に向けて提供していく。価格は最小構成で500万円から。