PR
写真●Microsoftが発表した新作Xbox 360ゲームのひとつ「Fly With Peter Pan」
写真●Microsoftが発表した新作Xbox 360ゲームのひとつ「Fly With Peter Pan」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは米国時間2011年6月6日、ゲーム業界の展示会「Electronic Entertainment Expo(E3)2011」の開催に際して、ビデオゲーム機「Xbox 360」と検索エンジン「Bing」を統合した音声検索機能「Bing on Xbox」を発表した。

 同機能とXbox 360用コントローラー「Kinect for Xbox 360」を組み合わせることで、同社が提携しているオンライン映画レンタルサービス「Netflix」、サブスクリプション方式のビデオ配信サービス「Hulu Plus」、スポーツ専門ニュース「ESPN」やオンラインコンテンツ販売サービス「Xbox LIVE Marketplace」から、Xbox 360で楽しみたいエンターテインメントを音声命令で検索することができる。

 同社は過去2年間に、英Sky TV、フランスCanal+、オーストラリアFOXTELなど大手テレビネットワークと提携し、Xbox 360向けオンラインサービス「Xbox LIVE」でライブ配信を行ってきた。こうした取り組みを拡大し、今後1年でXbox 360ユーザーがニュースやスポーツ情報、ローカルテレビ、音楽や映画などにいつでも音声でアクセスできるようにするとしている。

 総合格闘技大会「Ultimate Fighting Championship(UFC)」の各試合やインタビューを含むコンテンツもXbox LIVEを通じてXbox 360向けに配信する。また米Googleのビデオ共有サービス「YouTube」とも提携し、Xbox LIVEの映画/テレビ番組カタログを拡充する。Xbox 360ユーザーは声だけでYouTubeのオリジナルビデオを操作することが可能になる。

 そのほかMicrosoftは、Xbox 360ゲームの新作を発表し、Kinectに対応した「Halo」シリーズの次回作の予告上映を行った。さらに家族や子ども向けのKinect対応ゲームも多数紹介した。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]