PR
Aspire Timeline Xシリーズの新モデル「AS3830T」
Aspire Timeline Xシリーズの新モデル「AS3830T」
[画像のクリックで拡大表示]
11.6型HD液晶を搭載した「AO722」
11.6型HD液晶を搭載した「AO722」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本エイサーは、「acer」ブランドのノートパソコンの夏モデル計8モデルを2011年6月10日から順次発売する。最大9時間のバッテリー駆動が可能な「Aspire Timeline X」とネットブックのモバイルタイプ4モデルと、AVノート「Aspire Ethos AS8951G」などのオールインワンタイプ4モデル。いずれもオープン価格。

 Aspire Timeline Xシリーズの新モデル「AS3830T」は、省電力技術と独自の新開発バッテリー「PowerSmart long-life battery」で、バッテリー駆動時間を約9時間に延長。充電容量が80%にダウンするまでの充電回数も従来の3.3倍の約1000回まで増やし、バッテリー寿命も延長した。ディスプレイは13.3型HD(1366×768ドット)液晶で、Core i5-2410M(2.30GHz)プロセッサーを搭載する。予想実売価格は8万円前後。

 ネットブックの「Aspire one」は3モデル。CPUとGPUを統合したAMDのAPU「C-50」(1GHz)と11.6型HD液晶を搭載した「AO722」は予想実売価格4万5000円前後。10.1型(1024×600)液晶とAtom N570(1.66GHz)を搭載した「AOD257」は、Microsoft Office Personal 2010(2年間ライセンス版)が付属。同4万円前後。AOD257からOfficeを省略して4色のカラーバリエーションをそろえた「AOHAPPY2」は、同3万5000円前後。

 オールインワンタイプでは、第4世代のドルビーホームシアターを搭載したAVノート「AS8951G」が、18.4型フルHD(1920×1080ドット)液晶と書き込み可能ブルーレイディスクドライブを内蔵し、ハイビジョン映像を高画質・高音質で視聴できる。プロセッサーはCore i7-2630QM(2GHz)。同19万円前後。

 17.3型HD+(1600×900ドット)液晶のゲーミングPC「AS7750G」は、Core i7-2630QMや読み出しのみ対応のブルーレイディスクドライブなどを搭載した。同14万円前後。15.6型HD液晶のハイコストパフォーマンスノート「AS5750G」はCore i7-2630QMを搭載した。同11万円前後。

 AS5750Gと同じきょう体にCore i5-2410QM(2.30GHz)を搭載し、光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブに変更したマルチパフォーマンスノート「AS5750」は、同6万円前後。メモリー強化やMicrosoft Office付きのバリエーションがある。