PR
画面●Evernoteのiモード端末向け公式iアプリ「Evernote for i-mode」
画面●Evernoteのiモード端末向け公式iアプリ「Evernote for i-mode」
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウドを利用した情報クリッピングサービス「Evernote」を提供している米エバーノートは2011年6月9日、NTTドコモのiモード端末向け公式iアプリ「Evernote for i-mode」(画面)をリリースしたと発表した。ドコモマーケットから無償でダウンロードできる。

 動作対象機種は、同社の「Starプロファイル」(iアプリ実行環境の仕様)に対応した2008年冬モデル以降のi-mode端末。Starプロファイル対応機種については、NTTドコモのWebページから確認できる。

 同アプリを使うことで、メールなどのテキストデータや携帯電話のカメラで撮影した写真などを使ってノートを作成し、クラウド上に保存できる。作成したノートには、後から本文テキストやタグを追加するなどの編集を加えられるほか、作成したノートの一覧表示や検索といった機能も備えている。検索機能については、画像内に含まれる文字を認識して検索することも可能となっている。

 なお、iアプリではあまり大きなサイズの画像を添付できないという制限があるが、同社ではこれを回避する方法として、Evernoteアカウントを作成する際にユーザーに提供される専用のEvenote送信用メールアドレスを使用する方法をブログ上で紹介している。同アドレスをあて先として使うことで、最大2Mバイトまでのファイルをノートに保存できるという。