PR

 NECは2011年6月10日、企業グループ全体のCO2排出量や電力使用量を本社で一元管理するクラウドサービス「GreenGlobe Data Visualizer(グリーングローブ・データ・ビジュアライザー)」と「GreenGlobe Energy Viewer(グリーングローブ・エナジー・ビューア)」を発表した。

 GreenGlobe Data Visualizerは、環境負荷の原因となる燃料や化学物質、紙、水などの使用量、CO2や廃棄物の排出量に関するデータを、複数拠点から収集して一元管理するサービス。日本語、英語、中国語に対応し、世界の拠点から収集したデータを本社で管理することが可能だ。収集したデータ形式は、CSRレポートや行政機関への報告書など、用途に応じて自由に加工できる。利用料金は1ユーザーあたり月額3250円。同日から提供を開始した。

 もう一方のGreenGlobe Energy Viewerは、既存のビル・エネルギー・マネジメント・システム(BEMS)や他の消費電力収集システムと連携して、企業グループ全体の電力使用量を本社で一元管理できるようにするサービス。過去の実績データを参照して、使用量の予測シミュレーションを行う機能や、電力使用量から部門単位の電力コストやCO2排出量を算出する機能も備える。クラウドサービスのほか、パッケージソフトでも提供する。サービスの利用料金は1部門あたり月額200円から、パッケージソフトは50万円から。7月末の提供開始を予定する。