PR
Ann Livermore氏
Ann Livermore氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間2011年6月13日、経営幹部の異動を含む組織再編策を明らかにした。HP Enterprise Business部門執行バイスプレジデントとして企業向け事業を率いてきたAnn Livermore氏が同職を退任する。3月発表の戦略に沿った企業構造に近づけるためとしている。

 Livermore氏は1982年に入社し、マーケティング、営業、研究開発、ビジネスマネジメントなどの管理職を歴任した後、1995年にコーポレート・バイスプレジデントに選任された。HP Enterprise Businessは企業および公共事業向けストレージ、サーバー、ソフトウエア、サービスを統括し、年間売上高は約540億ドルにのぼる。Livermore氏は後継者が決定するまでHP Enterprise Services担当責任者を暫定的に務め、また取締役として同社に残る。

 HPは3月に、クラウドコンピューティング、コネクティビティ、ソフトウエアを3本の柱とする今後の戦略を発表していた(関連記事:HPが今後の戦略を発表、クラウドサービス拡充やマーケットプレイス構築など)。今回の組織再編は、同社の戦略ロードマップに関連した各部門の役割の透明性を高め、経営幹部の照準を顧客中心に当て、部門間のシナジー効果を向上し、HPが市場における事業機会を獲得できるようにすることが狙いと説明している。

 Livermore氏の退任にともない、企業向けサーバー/ストレージ/ネットワーキング/技術サービス担当執行バイスプレジデントのDave Donatelli氏とソフトウエア担当執行バイスプレジデントのBill Veghte氏、およびグローバルセールス担当執行バイスプレジデントのJan Zadak氏は最高経営責任者(CEO)兼社長であるLeo Apotheker氏の直属となる。「これらの事業はHPの継続した成長と成功において重要な役割を担っており、3氏はHP全体が進むべき方向に事業を率いてくれるだろう」とApotheker氏は述べている。

 またHPは、最高管理責任者(CAO)のポジションを廃止し、最高情報責任者(CIO)の役割を拡大する。その結果、執行副社長兼CAOのPete Bocian氏と執行副社長兼CIOのRandy Mott氏が退社し、HPはCIO後継者の選定作業に取りかかる。

[発表資料へ]