PR

 ヴイエムウェアは2011年6月14日、アプリケーション実行基盤「VMware vFabric 5」を発表した。APサーバーや分散データキャッシュなどで構成し、仮想マシン上で動かす。仮想マシン単位のライセンス体系であることが特徴。2011年第3四半期に提供開始する。

 vFabricは、同社の仮想化製品「VMware vSphere」に最適化したミドルウエア群。vFabric Standardと同 Advancedの二つのエディションがある。Standardエディションに含まれるのは、次の4製品。(1)TomcatベースのAPサーバー「vFabric tc Server」、(2)分散データキャッシュ「vFabric GemFire」、(3)HTTP Server「vFabric Web Server」、(4)サーバー監視ツール「vFabric Hyperic」。

 アプリケーション実行環境は、vFabric上にJava開発フレームワーク「Spring Framework」などを導入して整える。今回、新機能として、Javaアプリケーションの性能分析を行う「Spring Insight Operations」を加えた。「Elastic Memory for Java(EM4J)」も新機能だ。これは、異なる仮想マシン上で稼働するJava VM間でメモリーを融通することを可能にする。

 Advancedエディションは先の4製品と新機能に、メッセージングサービスの「vFabric RabbitMQ」、およびインメモリーのデータ管理システム「vFabric SQLFire」の2製品が加わる。SQLFireはGemFireと同様のエンジンを備え、SQLを使ってアクセスできる。

 vFabricのライセンス体系は、仮想化環境やクラウドで利用することを考慮している。仮想マシン単位であり、Standardエディションが1200ドル(1仮想マシン)、Advancedエディションが1800ドル(同)である。パッケージに含まれる全製品が使えるため、処理負荷の増減などでシステム構成が変えられる。例えば、6ライセンスを保有するシステムで、Webサーバー×3台、APサーバー×3台の構成を、Webサーバー×2台、APサーバー×2台、メッセージングサーバー×2台に組み換えるといった具合だ。

 また同社は、必要なライセンス数はシステム負荷の「ピーク」ではなく、「平均」の使用量に合わせればよいとする。平均でどれくらいの仮想マシンを使っているかは、管理ツールのvCenterで把握する。