PR

 KDDIと沖縄セルラー電話は2011年6月15日、Androidスマートフォン「REGZA Phone IS04」のOSのアップデートを、6月16日午前10時から実施すると発表した。同時に、「IS05」など他機種についても今後のアップデート予定を明らかにした。

 IS04は今回、Android 2.1から同2.2にバージョンアップする。これによりユーザーはAdobe FlashPlayer 10.1をインストールし、パソコンと同様のFlashコンテンツを閲覧できるようになる。またmicroSD/microSDHCカードにAndroidアプリケーションを保存可能になるため、内蔵メモリーの節約につながる。Webブラウザの表示やAndroidアプリケーションの動作も高速化する。

 OSのアップデート作業は2ステップで進める。第1ステップでは、IS04上でネットワーク経由のソフト更新機能「ケータイアップデート」を実施しておく。第2ステップでは、IS04本体から無線LAN経由で富士通の専用サイトにアクセスし、OS更新用プログラム「OSアップデートアプリ」をダウンロードして実行する。

 第1/第2ステップとも、パソコンで必要なファイルをダウンロードし、USBケーブルやmicroSDカードを介してIS04に適用する方法が選べる。ただし電話帳などのデータや自分でインストールしたAndroidアプリは削除されてしまうので、バックアップが必要である。

 IS04以外の機種では今回、Androidタブレット「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」、Androidスマートフォン「IS05」および「HTC EVO WiMAX ISW11HT」でアップデートを実施すると公表した。まず6月21日、MOTOROLA XOOMを現行のAndroid 3.0から最新版の同3.1に更新できるようにする。次いで9月以降に、IS05とEVO WiMAXをAndroid 2.2から同2.3に更新する予定。なおKDDI/沖縄セルラー電話はこれらに先駆けて、「IS03」のAndroid 2.1から同2.2へのアップデートを4月から実施している。