PR
日本エイサーのAndroid 3.0搭載タブレット端末「ICONIA TAB A500」。実勢価格が約4万円と安い。日本向けモデルは3G非搭載で、無線LANを使いインターネットに接続する
日本エイサーのAndroid 3.0搭載タブレット端末「ICONIA TAB A500」。実勢価格が約4万円と安い。日本向けモデルは3G非搭載で、無線LANを使いインターネットに接続する
[画像のクリックで拡大表示]
右側面。USB端子を2個備えている。このうちフルサイズのType A端子はホストとして機能し、FAT32フォーマットのUSBメモリーや、キーボードを接続できる
右側面。USB端子を2個備えている。このうちフルサイズのType A端子はホストとして機能し、FAT32フォーマットのUSBメモリーや、キーボードを接続できる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本エイサーは2011年6月15日、米グーグルのAndroid 3.0をOSに採用したタブレット端末「ICONIA TAB A500」を発表した。実勢価格は4万円前後になる見込み。発売は7月上旬から中旬。

 プロセッサーは米エヌビディア製のTegra 2(1GHz、デュアルコア)、メモリーは1GB。16GBのSSDを内蔵する。液晶ディスプレイは10.1型で1280×800ドット表示。USB端子を2個備えるが、うち1個はパソコンとICONIA TAB A500とを接続してデータを同期するMicro-USB端子。もう1個のUSB端子は、USBメモリーやキーボードなどの周辺機器を接続できるホスト対応のフルサイズのUSB Type A端子だ。ただし、USBメモリーなどの外部記憶装置はFAT32フォーマットのみ対応する。

 このほかの主なインタフェースは、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 2.1+EDR、Micro-HDMI(Type D)出力、SDHCカードスロット(最大32GB)。3Gの通信機能は搭載せず、前面に200万画素、背面に500万画素のカメラを備える。バッテリー駆動時間は約8時間(ハイビジョン動画再生時)、スタンバイ状態での連続待機時間は400時間。本体サイズは幅260×奥行き177×厚さ13.3mm、重さは765g。

 動画や電子書籍などの閲覧アプリをプリインストールで用意する。動画や電子書籍などのコンテンツは、日本エイサーがミルモから提供を受ける。ゲームについても、複数のアプリをプリインストールするほか、グーグルの「Androidマーケット」に加え、エヌビディアの「Tegra Zone」などでもアプリを購入・ダウンロードできるようにする。