PR

 内田洋行は2011年6月15日、学校向け教育用コンテンツ配信サービス「EduMall(エデュモール)」において、教科書会社4社が提供する小学校指導者用「デジタル教科書」のインターネット配信を2011年6月15日に開始した。

 小学校の教科書は4年に1度改訂されるほか、1年単位で部分的な修正や変更が発生する場合がある。そのため同社は、年間契約することで常に最新の「デジタル教科書」を使える今回のサービスにニーズがあると考えたという。

 サービス提供の第一弾として、三省堂と教育出版、帝国書院、新興出版社啓林館の教科書会社4社と協力して、小学校の主要科目である「国語」「社会」「算数」「理科」の指導者用デジタル教科書を配信する。

 EduMallでは「デジタル教科書自治体一括導入パック」も提供する。これは地方自治体教育委員会向けの指導用「デジタル教科書」の一括導入パッケージで、教育委員会と年度契約することによって当該地区の小学校全校で利用できる。デジタル教科書自治体一括導入パックでは、上記の教科書会社4社に加えて光村図書出版の教科書も配布する。

[発表資料へ]