PR

 日本テレビ放送網とフジテレビジョンは2011年6月20日、任天堂と提携し、テレビ局2社がそれぞれ制作する3D映像コンテンツを、「ニンテンドー3DS」に配信するサービスを6月21日に開始すると発表した。サービスの名称は、「いつの間にテレビ」である。

 「いつの間にテレビ」の3D映像は、すべてオリジナルコンテンツとして制作されており、広告コンテンツと共にニンテンドー3DS本体に無料で配信される。無線通信環境のある家庭で、ニンテンドー3DS本体を「いつの間に通信」が作動可能な状態にしておけば、「いつの間にテレビ」を通じて数分間の3D映像コンテンツが毎日自動的に供給される。

 日本テレビの配信予定コンテンツは、色々な動物を3Dで提供する「日テレどうぶつDEカレンダー」や、鉄道の運転席からの景色を毎日配信する「ぶらり特選 鉄ビュー3D」、マジシャンのマジックを提供する「マジック教室3D」である。フジテレビは、スポーツの3Dコンテンツである「ENJOY!SPORT」や、その日ならではの情報やキーワードにこだわったコントを展開する「日刊トビダス」、野外芸術を3Dで紹介する「3Dちょうこくの森」など、四つのコンテンツ配信を予定する。

[日本テレビの発表資料へ]

[フジテレビの発表資料へ]