PR
写真●Ubuntuの管理ツール「Landscape」
写真●Ubuntuの管理ツール「Landscape」
[画像のクリックで拡大表示]

 アシストは2011年6月21日、英Canonicalと国内総代理店契約を締結し、Linux OS「Ubuntu」の企業向けサポートサービス「Ubuntu Advantage」の提供を開始すると発表した。UbuntuはCanonicalの支援により開発されているLinuxディストリビューションである。

 Ubuntu Advantageは、Canonicalが提供しているサポートサービス。管理ツール「Landscape」およびサポートサービスをサブスクリプションサービスとして提供する。Landscapeはサーバー、デスクトップ、クラウド上の仮想マシンなどの稼働状況を監視し、タスクの自動化やパッチの適用などを行う機能を備える(写真)。

 アシストはOpenOffice.org、PostgreSQL、Talend Open Studioなどのオープンソースソフトウエアのサポートサービスを提供しており、「これらのサポートを通じ、国内の企業、団体からLinuxの取り扱いについての質問や要望が数多く寄せられていた」(アシスト)という。