PR
写真1●ペーパーレス会議用のアプライアンスサーバー「iStudy E-Server Mini」(右)
写真1●ペーパーレス会議用のアプライアンスサーバー「iStudy E-Server Mini」(右)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●システム・テクノロジー・アイの松岡秀紀代表取締役社長 兼 最高執行役
写真2●システム・テクノロジー・アイの松岡秀紀代表取締役社長 兼 最高執行役
[画像のクリックで拡大表示]

 システム・テクノロジー・アイは2011年6月21日、ペーパーレス会議用のアプライアンスサーバー「iStudy E-Server Mini」(写真1)を発表した。パソコンまたはiPadで電子化された資料を共有しながら会議を行うことができる。価格は30万円(税別)。6月30日に発売する。

 iStudy E-Server Miniは、厚さ20mmの超小型サーバーに、資料配布機能、会議室管理機能、バックアップ機能などを実装したアプライアンス製品。ネットワークに接続し、会議資料のファイルを登録するだけで、最大20人が同時参加でできるペーパーレス会議が実現する。会議室での会議だけでなく、遠隔地で資料を共有しながらの電話会議も可能。同時接続ユーザー数20人以内であれば、複数の会議を同時進行することもできる。

 iStudy E-Server Mini1台に、資料作成ツール「iStudy Viewer Studio Standard Edition」1ライセンスがバンドルされる。同ツールを使うと、PowerPoint、Word、Excelのファイルからペーパーレス会議用のファイルを作成し、簡単な操作でiStudy E-Server Miniに登録できる。

 iStudy E-Server Miniが配布する資料を閲覧するためのクライアントソフトは、同社製の「iStudy Viewer」を使用する。「iStudy Viewerは、ペーパーレス会議で共有する資料の上にメモを書き込むためのレイヤーを作成する。iPadのペン入力を利用すれば、紙の資料にメモを書き込んでいるかのように、メモをとることができる」(同社の松岡秀紀代表取締役社長 兼 最高執行役、写真2)。iStudy Viewerで書き込んだメモは、会議参加者全員で共有したり、iStudy E-Server Miniに保管したりすることが可能だ。

 iStudy Viewerのパソコン版は同社ホームページから、iPad版はApp Storeから無料でダウンロードできる。メモを書き込む機能のほかにも、参加者同士でメッセージをやりとりする機能や議事録作成機能などを備える。将来的には、Android端末、Windows搭載タブレットにも対応する予定だという。