PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 米Mozillaは米国時間2011年6月21日、最新Webブラウザー「Firefox 5」の正式版を公開した。Windows、Mac OS X、Linux向けをFirefox専用サイトを通じてダウンロードできる。また「Android」対応版も同時に「Android Market」で公開した。日本語版を含む各国語版を提供している。

 Firefox 5は5月にベータ版が公開されてから(関連記事:Mozilla、「Firefox 5」のベータ公開を開始)予定通りの正式版リリースとなった。オンライン行動に追跡を拒否する機能「Do Not Track」をAndroid版にも搭載し、追跡拒否の手続きを簡単に行えるようにした。マルチプラットフォーム対応ブラウザーとして同機能を採用するのはFirefoxが初めてという。

 Windows、Mac OS X、Linux版はCSSアニメーションのサポートを追加したほか、安定性向上と性能強化を図った。またローカル環境でアドオンを開発するための「Firefox Add-on SDK」を公開した。開発者向けサイトからダウンロード可能。Webベースのビルド環境「Add-on Builder」(ベータ版)も用意している。

 MozillaはFirefoxのリリースサイクル短縮を図り、今年4月に新たな開発チャネル「Aurora」を導入した。これにより「Nightly」「Aurora」「Beta」を経て正式版をリリースするかたちをとる。Firefoxは6週間ごとに新版をリリースする方針で、Firefox 5は高速リリースサイクルを適用した最初のバージョンとなった(米CNET News.com)。

[発表資料へ]