PR
画面●Android端末用のウイルス対策アプリ「ドコモ あんしんスキャン」
画面●Android端末用のウイルス対策アプリ「ドコモ あんしんスキャン」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2011年6月22日、Androidスマートフォン向けのウイルス対策アプリケーション「ドコモ あんしんスキャン」を、7月1日から提供すると発表した。同社の「ドコモマーケット」から無料でダウンロードできるようにする。対応端末はAndroid 2.1以降を搭載した機種である。

 ドコモ あんしんスキャンは、マカフィーのセキュリティソリューション「McAfee VirusScan Mobile for Android」を基に開発されたNTTドコモ専用のウイルス対策アプリ。Android端末で起動しておくと、Androidアプリのインストール時やメモリーカード挿入時、SMS/MMSの受信時に、アプリや各種ファイルのスキャンを自動実行する(画面)。もしウイルスが混入していれば、それを検出して駆除する。ユーザーの手動によるスキャンや、あらかじめ指定した時刻でのスキャンも可能である。

 また、ウイルスの定義ファイルについても、手動または指定時刻にアップデートする仕組みを備える。

 同アプリの利用料は無料だが、ダウンロードやアップデート、ウイルス定義ファイルの更新などの際にかかるパケット通信料は別途必要。