PR

 ソフトバンククリエイティブとオリックスは2011年06月22日、デジタルサイネージ事業において業務提携すると発表した。提携の第一弾として、2011年6月26日にデジタルサイネージ端末を博多港国際ターミナルへ導入する。今後は国内に加えて、東アジアを中心に展開する。端末は英語や中国語、韓国語など複数言語で表示できる。

 博多港国際ターミナルへ導入する端末は、コンテンツの一つとして電子書籍を提供する。ハーレクインコミックスの作品を1タイトル当たり50ページまで無料で閲覧できる。続きを読みたい場合は、iPhoneのカメラでQRコードを読み込み、AppStoreから該当する作品を閲覧するアプリを購入する。この他、地図情報や周辺の観光情報といったコンテンツを表示する予定である。

[発表資料1へ]
[発表資料2へ]