PR
HP TouchPad向けのオンライン月刊カタログ「HP webOS Pivot」
HP TouchPad向けのオンライン月刊カタログ「HP webOS Pivot」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間2011年6月23日、まもなく発売予定のタブレット端末「HP TouchPad」向けにオンライン月刊カタログ「HP webOS Pivot」を発行すると発表した。直接TouchPadに配信し、ユーザーがライフスタイルや好みに合ったアプリケーションを探したり選んだりする機会を提供する。

 webOS Pivotでは、アプリケーションとその開発者を紹介するほか、大手雑誌のジャーナリストや写真家によるオリジナルコンテンツも提供する。著名なライターのコラム、テーマ別のアプリケーション特集などを、豊富な画像やイラストとともに掲載する。

 これにより同社のモバイルOS「webOS」対応アプリケーションの販売サービス「HP webOS App Catalog」を補完し、webOS開発者コミュニティの拡大を図る。当初は、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語版を用意する。

 TouchPadは「webOS 3.0」を搭載し、Wi-Fiモデルを米国で7月1日に発売する。価格は16Gバイト版が499.99ドル、32Gバイト版が599.99ドル(関連記事:HP、iPad 2対抗の「HP TouchPad」Wi-Fiモデルを7月に米国投入)。続いて7月2日に英国、アイルランド、フランス、ドイツで、7月15日にカナダで販売を開始する。年内にオーストラリア、香港、イタリア、ニュージーランド、シンガポール、スペインに拡大する予定。

[発表資料へ]