PR

 NTTグループは2011年6月27日、教育現場におけるICTの利活用推進を目的としたプロジェクト「教育スクウェア×ICTフィールドトライアル」において、新たに2校の参加が決定したと発表した。

 今回参加が決まったのは岡山県倉敷市の粒江小学校と玉島北中学校である。粒江小学校では5年生の算数/理科/社会などの授業を、玉島北中学校では2年生の英語の授業を対象に、ICTを活用した授業の実証実験を行う。

 同トライアルではこれまで、自治体や学識経験者、教育事業者などの協力を得て、全国4自治体の公立小学校計8校において2011年度第1四半期から実証実験を行っている。今回の2校の追加によって、参加校は合計5自治体の9小学校、1中学校となった。

[発表資料へ]