PR

 日本ヒューレット・パッカードは2011年6月27日、ネットワーク管理ソフトの新版「HP Network Node Manager i-series 9.10 software」(NNMi 9.10)を発表した。7月1日から販売を開始する。このNNMiは以前は「OpenView」ブランドで展開していた製品である。

 今回の新製品ではデータセンター事業者やマネジメントサービス事業者向けの機能を強化した。具体的には「マルチテナンシー機能」を追加した。従来製品では、異なる企業のネットワークでは、それぞれ別の監視サーバーが必要だった。新版では1台の監視サーバーに集約して監視できるようにした。サーバーやOS、ミドルウエアへの投資額を抑制できるとする。

 加えて、管理コンソールを整理して「アナリシスペイン」と呼ぶ分析画面を追加した。ホスト名やIPアドレス、ステータス、トポロジー、インシデント履歴といったトラブル対応に必要な情報を一つの画面にまとめて表示する。従来はそれぞれの情報が別の画面に分散していた。

 NNMiの価格は48万円から(税抜き、以下同)。今回はオプション製品のパフォーマンス監視ツール「iSPI Performance for Metrics/Traffic/QA 9.10」も機能強化して、データの保存期間を70日間から13カ月へと延長した。価格は72万円から。