PR

 三重テレビ放送は、同一の時間帯に複数の番組を提供する「マルチ編成放送」を2011年7月1日に開始すると発表した。提供する時間帯は、平日の4時50分(月曜は5時15分)から17時30分までである。

 三重テレビは、マルチ編成によって新たに提供するチャンネル(第2チャンネル)を使って、従来の放送では番組編成が難しい長時間の防災・減災啓発番組の放送を想定する。三重テレビは、マルチ編成放送の開始に当たり、「今回の東日本大震災では、津波警報の伝達や避難方法によっては、人間の生死が分かれるという事態を目の当たりにした」「東海・東南海大地震発生の確率が高まりつつある地域においては、改めて津波警報の伝達方法や避難方法を検証する必要がある」としている。

 まず防災・減災啓発番組の放送開始の準備段階として、2011年7月1日から第2チャンネルで東京証券取引所の市況中継や金融情報をはじめ、世界の最新ニュース、全国の気象情報などをリアルタイムで提供する。

 主な番組名は、「SOLiVE24(ソライブ24)」(7:00~8:30、15:20~17:00)や「TOKYOマーケットワイド」(第1部8:30~11:40、第2部12:29~15:20)、「ニュースデイ」(12:00~12:29)、「BBCワールドニュース」(17:00~17:30)である。2011年10月からはこれらの番組に加えて、三重県や県内各市町と連携し、地域の防災情報などのきめ細かい提供を予定する。