PR
写真●業務提携を発表したKDDIの田中孝司社長(左)と楽天の三木谷浩史会長兼社長
写真●業務提携を発表したKDDIの田中孝司社長(左)と楽天の三木谷浩史会長兼社長
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIと楽天は2011年6月29日、電子マネーを中心とするサービスの業務提携を発表した(写真)。楽天子会社のビットワレットが運営する電子マネー「Edy」について、KDDIの携帯電話サービスでのサービスや決済手段を拡大させる。

 具体的には、通信料金と合算して支払うことができる「auかんたん決済」を使って、Edyにチャージできるようにする。8月4日からサービスを開始する。スマートフォンではさらに踏み込み、auかんたん決済でオートチャージできるようにする。スマートフォンでのオートチャージは9月27日に開始する。

 今後、顧客の行動履歴や購買履歴に基づいてクーポンを配信したり、商品をおすすめしたり、時間限定セール情報を配信したりといった取り組みを進める予定だ。

 このほか、今秋をめどにスマートフォンから楽天市場で商品を購入した場合の決済に、auかんたん決済を利用できるようにする。リアルな商品の決済に通信料金の課金インフラを利用する格好だが、「従来のデジタルコンテンツでも事故率は低く、(月々の支払い実績が)与信として機能している」(KDDIの高橋誠専務)とした。

 KDDIの田中孝司社長は「ネットワーク上のサービスだけでなく、リアルの世界へのサービスを広げていく」と提携の狙いを語った。楽天の三木谷浩史会長兼社長は「世界で最も進んだO2O(オンライン・ツー・オフライン)サービスを展開できる」と自信を見せた。