PR

 ケイ・オプティコムは2011年6月30日、ポータルサイト「eonet.jp」において電子書籍レンタルサービス「電子貸本Renta! for eo」を提供を同日に開始すると始めると発表した。また、6月30日から始まった宅内サービス事業「eoスマートリンク」の試験サービスにおいても、宅内情報端末で電子書籍を閲覧できるサービスの提供を始めた。

 このサービスでは、コミックや小説、写真集などの電子書籍(1万3000冊以上)を一定の期間レンタルし、閲覧が可能とする。特別なソフトウエアのインストールは不要で、パソコンのWebブラウザから利用できる。レンタル料については、「eo光」や「eoモバイル」の利用料金と合わせてしはらうことができる。

 クラウド型コンテンツ配信モデルを採用しており、クラウド上に持つユーザー毎の書棚より様々な端末へ電子書籍データを都度配信している。複数のパソコンで利用する場合でも、レンタルされた書籍はどのパソコンからも閲覧できる。パソコンでレンタルした書籍を、eoスマートリンクの試験サービスの宅内情報端末で閲覧することも可能。

 このサービスは、電子書籍レンタルサービスとして実績のあるパピレスの「電子貸本Renta!」をカスタマイズし、ケイ・オプティコムが自社サービスとして展開するものである。