PR
写真●P-Pointerクレジットカード番号検出ツール
写真●P-Pointerクレジットカード番号検出ツール
[画像のクリックで拡大表示]

 KLabは2011年7月1日、クレジットカード番号や個人情報を検出するソフト「P-Pointerクレジットカード番号検出ツール」の無償配布を開始した。このソフトを利用すると、ファイルに暗号化しない形で保存されているクレジットカード番号や個人情報を検出できる(写真)。8月末までを無料配布期間とする。

 P-Pointerクレジットカード番号検出ツールをパソコンにインストールして実行することで、クレジットカード番号などの検出を実施できる。クレジット番号を1件以上、電話番号を10件以上、メールアドレスを10件以上のいずれかを検出した場合に、該当するファイル名を表示する。検査対象のファイル拡張子はcsv、doc、docx、lzh、pdf、txt、xlk、xls、xlsx、zipの10種類。ファイルサーバーやNASなどに格納しているファイルを、ネットワーク経由で検査することも可能だ。

 対応OSはindows 7/Vista/XP/Server 2008/Server 2003(R2含む)。

 KLabは今回のツールを無償配布することで、有償版の「P-Pointer」の知名度を向上させたい考え。P-Pointerではより多くの拡張子のファイルを検査したり、様々な検索条件を設定したり、ユーザーが設定した辞書を利用した検査を実施したりできる。