PR

 日本IBMとエクサは2011年7月5日、工場やオフィスの消費エネルギーをグラフなどで可視化する「エネルギーの見える化ソリューション」の提供を開始した。日本IBMの資産管理ソフト「Maximo」を中心に、工場やオフィスの電力計やエネルギー管理システムからエネルギー消費データを収集。ダッシュボードに情報をまとめて表示する。

 特徴は製造業向けのテンプレートを用意することで、最短3週間でシステムを構築することだ。ユーザー企業は可視化した消費エネルギーを基に節電施策を立案・実行することになる。施策の立案・実行段階では、日本IBMのコンサルタントが効果検証や改善提案のコンサルティングを実施する。エクサはシステム構築を担当する。

 価格はサーバー代を含めて400万円(税別、以下同)から。SaaS形態でも提供する。SaaSの初期費用は300万円、月額20万円から。