PR

 バッファローは、データを消去できないmicroSDカードを使った法人向けソリューション「消せない microSD」を提供する。CD-ROMやDVD-ROMに代わるデジタルコンテンツ配布用媒体としての用途を見込む。

 同ソリューションで利用するカードそのものは一般的なmicroSDで、カード規格にある書き込み禁止フラグをソフト的に有効化することで、誤操作によるデータ削除やカードのフォーマットを防止する。

 カードの容量は最小128Mバイト~最大16Gバイトまで様々なものを用意している。電子書籍やソフトウエアなどのデジタルコンテンツをmicroSD対応のスマートフォンや携帯電話機に直接提供できるほか、カードサイズが小さいことを生かして、CD-ROMを添付できない小型本の付録として利用する用途も提案する。

 このソリューションは、2011年7月7日から東京ビッグサイトで開催される「第15回[国際]電子出版EXPO」の同社ブースで展示する。