PR

 日本オラクルは2011年7月中旬から、Java開発者向けの新パッケージ製品「Java SE」の国内提供を開始する。Java SEは、現在提供しているJava Development Kit(JDK)などの後継に位置付けられるパッケージであり、無償提供中のJava VM(Java仮想マシン)である「Sun JVM」に加えて、エンタープライズ向けの高性能JVM「Oracle JRockit JVM」を無償で同梱することなどを売りとしている。

 具体的にJava SEは、(1)従来のJDKに相当するパッケージとして無償配布する「Java SE」、(2)Java SEに有償サポートを加えた製品である「Java SE Support」、(3)Java SE Supportにミッションクリティカル向け付加機能を追加した有償製品「Java SE Advanced」、(4)Java SE Advancedにガベージコレクション最適化のための付加機能を追加した有償製品「Java SE Suite」---の4製品で構成する。有償製品の価格などは未定。

 Java SEに新たに同梱して無償配布を始めるJRockit JVMは、「エンタープライズ用途」(サーバーサイドでの利用)かつ「インテルプラットフォームでの動作」(注:現在はSPARC版も提供)に特化することで、徹底した高速化などを図っているのが特徴。安定性を高めるための動的&自動メモリー管理機構なども搭載している。

 一つのパッケージに二つのJVMを同梱することについて日本オラクルでは、「JRockit JVMはエンタープライズでの利用に特化した製品であり、マルチプラットフォームおよびサーバーサイド以外での利用など、より汎用的な使われ方が想定される従来のSun JVMとは住み分けられる」と説明する。

 有償製品版のJava SE Advancedでは、ミッションクリティカル向けの付加機能として、「JRockit Mission Control」というGUIベースの障害解析および運用監視ツールと、メモリー利用率やJavaスレッドの処理状況といった稼働中アプリケーションの内部データを常時記録する「JRockit Flight Recorder」という二つのソフトウエアを提供する。

 最上位製品となるJava SE Suiteではさらに、ガベージコレクションによる処理遅延を平準化することにより「従来のJavaでは困難だった予測可能なレスポンスを実現する」(日本オラクル)ための機能である「JRockit Real Time」が提供される。同機能は専用のハードウエアなどを必要とせず(汎用のOSおよびハードウエアで動作)、アプリケーションへの修正を一切加えることなくJRockit JVMの動作を最適化できることが売りとなっている。