PR
App Storeの品ぞろえを強調するAppleホームページ
App Storeの品ぞろえを強調するAppleホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは米国時間2011年7月7日、同社のモバイルプラットフォーム「iOS」向けアプリケーションの配信/販売サービス「App Store」が累計150億ダウンロードを突破したと発表した。App Storeを開設してから3年での達成となった。

 Appleによると、App Storeは現在世界で2億人以上の「iPhone」「iPad」「iPod touch」ユーザーが利用し、42万5000種類以上のモバイルアプリケーションを提供している。そのうち10万種類以上をiPad向けネイティブアプリケーションが占めている。Appleがこれまでアプリケーション開発者に支払った金額は25億ドルを超えるという。

 App Storeは2008年7月に約500種類のアプリケーションでサービスを開始した。ダウンロード数は、1年後の2009年7月に15億件超、同年9月に20億件、2010年1月に30億件と加速し、2011年1月には100億件を達成した(関連記事:Appleの「App Store」、ダウンロード100億件を突破)。

 これに対して米Googleのモバイルプラットフォーム「Android」向けアプリケーションの配信/販売サービス「Android Market」は、今年5月の時点でアプリケーションの品ぞろえが20万種類、累計ダウンロード数が45億件に達した(Googleの公式ブログ)。米メディアの報道(CNET News)によると、Android Marketは60日ごとに10億ダウンロードを更新しており、規模ではまだApp Storeに劣るものの急速に伸びている。

 なお、Appleはパソコン用アプリケーションの同様のサービス「Mac App Store」を今年1月6日に開始している(関連記事:Appleが「Mac App Store」をオープン、有料/無料アプリが約1000本)。

[発表資料へ]