PR

 サテライトコミュニケーションズネットワーク(SCN)は、2011年7月11日から9月末まで、ケーブルテレビのコミュニティチャンネル向けにでんき予報(情報提供元は電力各社)と電力需給逼迫警報(情報提供元は経済産業省)を配信を行う。ケーブルテレビを通じて節電への協力を広く呼びかけ停電を回避するために無料で実施する。

 でんき予報の配信先は、SCNの「地域情報・緊急情報自動表示サービス コミネット」の導入局で、配信を希望する東北電力や東京電力、中部電力、関西電力管内のケーブルテレビ局。配信内容は、電力各社がホームページ上で発表するでんき予報の情報で、電力需給の逼迫度合いとそれに伴う節電の呼びかけ文を、コミュニティチャンネルの画面上部に、緊急ロールスーパーの形で配信する。配信回数は、前日の19時頃と当日9時頃、そして電力需要のピークを迎える14時頃の計3回である。

 電力需給逼迫警報の配信先は、コミネット導入局で東北電力および東京電力管内のケーブルテレビ局が対象である。電力供給予備率が3%未満となる見込みが高く計画停電の恐れがある場合に、前日の19時頃と当日9時頃の1日2回配信する。配信方法は、こちらも緊急ロールスーパーの形式でテキストで配信する。警報が解除されれば、その都度、配信する。

[発表資料へ]