PR

 NTT東西地域会社は2011年7月19日、インターネットを利用して動画や音楽コンテンツなどの有料サービスを提供する企業が「フレッツ・まとめて支払い」を利用できるように2011年7月20日にサービス提供範囲を拡大すると発表した。

 同サービスは、「フレッツ・ソフト配信サービス」や「フレッツ・マーケット(配信者プラン)」、「フレッツ・キャスト」、またはインターネットを利用して提供する動画や音楽コンテンツなどの有料サービスの利用料を、有料サービスを提供する企業に代わり、NTT東西のフレッツ回線の請求書に一括してユーザーに課金し、回収するサービスである。

 インターネット上でクレジットカード番号や口座番号などの個人情報を登録する事に不安を感じているユーザーが安心して有料サービスを利用できる環境を整備することで、潜在顧客の更なる発掘・取り込みが可能となるという。

 企業の利用料金は、有料サービス提供価格の5%である。ただし、1フレッツ・アクセス回線あたりの平均請求金額が税込で600円/月を下回る場合は、1フレッツ・アクセス回線あたり31.5円(税込)となる。

 新たに同サービスの利用を予定する事業者は、NTT東日本地域では、はてな、エルディ、PD Classic、フェイス・ワンダワークスである。同じくNTT西日本地域では、はてな、フェイス・ワンダワークスが利用を予定している。

[NTT東日本の発表資料へ]
[NTT西日本の発表資料へ]